読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 成田ボンベルタ店 シマブロ

島村楽器 成田ボンベルタ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

エフェクター特集第二弾!~プリアンプ・ゲインペダル編~

皆さんこんにちは!成田ボンベルタ店の渡邉です。

今回は、オススメのエフェクターをいくつか紹介したいと思います。

【Hughes&Kettner TUBEMAN2】

TUBEMAN

3ch仕様になっていて、クリーン・クランチ・リードと音作りが可能。

サウンドはヒュースアンドケトナーのアンプにかなり近いです。

EQが全チャンネル共通ということや、バイパスがついていないため、

音作りが難しいといった難点もあります。

【DAMEGE CONTROL Demonizer】

Demonizer

2本の12AX7管を搭載し、かなり幅広く使えるプリアンプ

2種類のEQとOPTO COMPを備えクリーン・クランチからハイゲインまでの音作りが可能です。

ヌークリアスイッチを押せば、真空管のゲインが20dbブーストされ、

モダンハイゲインアンプのようなサウンドを作ります。

かなり設定が細かいため、使いこなすのは難しそうですが、サウンドはアンプそのもの!

ノイズの少なさも魅力です。

【TAKMAN XPR-2 TOUSAND DRIVE】

XPR-2

往年のROCKMANのサウンドを再現・復刻したプリアンプ

このTAKMANのサーキットは複数の増幅回路、コンプレッション回路から成り立っています。

コントロールは、

歪み量を決める「ROCK」、音質の硬さを変える「FEEL」、音量を変える「THAN」、ブーストレベルを決める「MORE」の4つ、エフェクトのON-OFF、BOOSTスイッチがついています。

使い勝手は抜群で、クリーンのアンプに接続するだけで、極上のアンプサウンドを再現できます。

本家ROCKMANと比べて、ノイズの少なさも魅力です。

今回紹介させていただいた、ペダルはどれも試奏が可能です。

どれも一点物ですので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

それでは、成田ボンベルタ店でお待ちしております。

成田ボンベルタ店 渡邉でした!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.