島村楽器 成田ボンベルタ店 シマブロ

島村楽器 成田ボンベルタ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

本日11月11日はベースの日!!

f:id:shima_c_narita-b:20161111175755j:plain
皆さんこんにちは。
ベースの木目と温もりが恋しいスタッフの松田です。
最近冷え込んできて北の方では雪が降る季節になってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。我が家ではついにこたつを出してしまい、こたつに入って動けない、いわゆる「こたつむり状態」になりつつあります。よい子の皆さんはこたつで寝たりしないでくださいね。

さて、そんなわけで肌寒い季節ですが、皆さん11月11日は何の日だか知ってますか?
ポッキー・プリッツの日?もやしの日?チンアナゴの日?
そうですね!!!ベースの日ですね!!!!ご名答です!!!!

というわけで、本日は皆さんに洗脳…ベースの素晴らしさを知ってもらうべく、ベース担当の松田が全力でベースの魅力を熱くご紹介したいと思います!!
普段は目立たないので「日陰者」とか「地味」というレッテルを貼られているベースですが、これを読めばどんな人でも「あ、ベースやってみようかな」と思う事でしょう。そして世のギタリスト・ドラマー諸君も「ベースって超大事じゃん…今度スタジオ入るときベースのやつにポッキー買って行ってあげよう…」とベーシストに優しくなってくれるでしょう。ベーシストに優しい世界。ベーシストが輝く世界。…いやあ、ベーシストの未来が明るくなってきました!!ベーシストよ、大志を抱け!!世のベーシストに、光あれ!!!

ベースがいないとさみしい

そんなわけでベースの魅力を語っていきましょう。
まずは、ベースがどんな役割をしているかを簡単にご紹介します。
具体的な例を挙げると
①リズムの要
②全体の音の構成の土台をつくる
③大きいから戦闘力が高い

こんなところでしょうか。あくまでも私の主観が含まれていますので、その辺りはご了承いただきたいと思います。
それでは一つずつ解説していきますね。

①リズムの要

さて、みなさんは音楽を聴くとき、どのパートを一番意識して聴きますか?
おそらく、ほとんどの人がボーカルを聴いていると思います。そして、次にギター。特に間奏などでのギターソロは目立ちますからね。そしてそれを支えるドラム。
さてお気づきでしょうか。ベースがどこにいるのか。
そうです。わかりづらいんです。ベースのパートは。
正解は、ギターとドラムの中間です。

ギター、ボーカル→メロディ
ドラム→リズム

とすると、ベースはリズムをとりつつメロディを奏でられる素晴らしいパートなのです!!ドラムの刻むビートに、ベースが乗ることにより、ギターやボーカルが際立つよう土台の役割をしてくれています!よく、ドラムとベースを「リズム隊」などと呼ぶのはこういう理由があるから。いわば、リズムのおかずみたいなものなんです!


②全体の音の構成の土台を作る

ということで、ベースの重要さは何となく感じていただけたかと思います。ここからは沼に片足突っ込んだあなた方をさらに沼に引きずり入れるべくベースの素晴らしさを語りますよ。
先ほど述べたように、ベースはリズムをとりながらメロディを奏でられるパートなのですが、次はメロディの方に注目してみてみましょう。
わかりやすく言うと、ベースは伴奏のような役割をしているんです。

そこで、想像していただきたい。
小さい、かわいらしい幼稚園生くらいの女の子が、ピアノの発表会でピアノを弾いています。
その横で、先生と思われる美しい女性が女の子のピアノに合わせて伴奏を弾いています…
はい。それです。ベースの役割それです。
厳密にいうと、違うのですが、意味合い的にはこんな感じです。伴奏で、女の子のピアノをサポートし、引き立てる。これこそがベースの役割なのです。
ベースの重要さをもっと一番身近に感じてもらえる方法があります。それは、携帯・スマートフォンスピーカーから音楽を鳴らすことです。
ほとんどのスマートフォンスピーカーはあまり低音が出ないので、ボーカルとギターくらいしか聞こえなくなります。
すると、こう思うわけです。
「なんか…さみしい。」
と。思春期の乙女みたいな心になるはず。なんかよくわからないけれどさみしいと感じる、あの甘酸っぱさ。
そんな話は置いといて、これで気づくはずです。
ベースの大切さに。
そうなんです。何度も言いますがベースがいないと寂しいんです。
特に、ライブなどでベースがいないとその寂しさがより一層際立ってきます。

③大きいから戦闘力が高い

さて、そんなわけでベースの魅力は十分伝わったかと思います。最後に、ベースが担う「本当の役割」について語ります。
バンドをやっている皆さんは知っていて当たり前、周知の事実だと思いますが、スタジオやライブハウスには時々「魔物」が出現します。
それはスラ○ムのような弱いものからエス○ークのような強いものまで様々です。そんな時頼れるのはパーティ(バンドメンバー)と己の力のみ。そんな時、ベースは大きくて重く、破壊力があるので重要な戦力になります。また、ネックが長く、敵との距離を保ちつつ優位に立ち回れるのです。時には、その大きさと安定感で敵の攻撃から味方を守ることもできる、まさに攻防一体型の武器!戦闘力53万を誇るフ○ーザ様も倒せるはず!


さて、そんなわけで、ベースの魅力が十分に伝わったのではないでしょうか。
皆さんもぜひ、ベースを弾き、ベースを愛し、そしてベースについて語りましょう!!
当店でベース大好き松田がお待ちしています。ぜひベースを語りに、そして見に来てください!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.